カジノに対しては賛否両論あります。ギャンブル産業は非常に人気があり、ギャンブルの需要はかつてないほど高まっています。また、ギャンブルをテーマにした質の高い映画も製作されています。一方、多くの人はギャンブルに良いイメージを持っておらず、ギャンブル依存症や物的損失などの重大な結果につながると考えています。

ギャンブルと観光

ギャンブルと観光は、世界的に大きな経済効果を生み出す2大産業です。永遠の疑問は、観光産業がラスベガス、マカオ、モンテカルロなどの観光地を「育てた」のか、それとも、ギャンブルがそうした観光地の人気を押し上げたのかということです。もし後者であれば、観光客はカジノがあるような場所を強く求めているということになります。最近の観光客が旅先でカジノを訪れるのは、ギャンブルがしたいというだけでなく、カジノの雰囲気(インテリア、豪華な見た目、食事、飲み物、音楽など)を楽しみたいからでもあります。

カジノのプロモーション活動

様々なカジノゲームやカジノ店が、多くのブログや専門サイトで宣伝されています。信頼できるカジノを宣伝して、高いコミッションを得ているプレイヤーもたくさんいます。

しかしカジノのオーナーは、どこでどのようにカジノを宣伝するか検討する必要があります。18歳未満には、ギャンブル業界のニュースを見せるべきではありません。道徳的、倫理的な規範は守られるべきなのです。

観光地とカジノには接点や共通点があるため、カジノのプロモーションは、ほぼ旅行代理店や旅行会社のサイト頼みとなっています。

 

旅行会社によるカジノのプロモーション活動について

当社では、合法ギャンブルや「カジノ」などのプロモーションを行っています。日本人が大好きなパチンコもその一つです。大人限定の「カジノ」への訪問を含む当社のツアーは、非常に人気があります。ツアーの日数が5日間だとしても、5日間毎日「カジノ」に行くわけではありません。しかし全ツアーに、「カジノ」をお楽しみいただける日が1日設けられています。

当社は公式ウェブサイトやSNSを通じて、ツアーのプロモーション活動を行っております。

様々な方法でのカジノプロモーション

観光業におけるカジノのプロモーションは、ホテルチェーンや観光施設などが中心になります。しかし、中には特別なカジノをプロモーションするケースもあります。この種のプロモーションは、旅行代理店のウェブサイト、テレビコマーシャル、屋外広告などでも見ることができます。

道徳的観点からよく問われるのは、「旅行代理店はカジノの宣伝をしても良いのか」ということです。カジノを観光サービスの一環として宣伝する場合、つまり、ギャンブル以外にも着目して宣伝する場合は、問題だとは見なされないでしょう。現在のカジノは間違いなく、ギャンブル以外のサービス(食事、珍しいインテリア、映画など)も提供しているのですから!